止まらずに走ると車は速い!

中距離から長距離、つまり往復で100キロぐらいからそれ以上走るドライブを好んで繰り返しているような人ならわかってもらえるとは思うんですが、「時間」についてです。

たった1つであっても「寄り道」をすると、ぐんと時間がかかるなという実感は湧かないでしょうか。
高速であればサービスエリアであったり、下の道であれば道の駅であったりと、立ち寄りたくなる誘惑は多くありますし、トイレなどのための休憩というものもあるかとは思うんですが、寄り道を増やすと面白いように時間が経過していくのです。

もちろん立ち寄った先でどういう行動をとるか、どういった時間の使い方をするかというのは人それぞれですし、そこからさらに時間経過に差が生まれます。

私の場合、はじめて行くような場所でも無い限りは長時間滞在ということはまずありません。
用事がトイレであれば、イートインスペースやおみやげコーナーがあっても、トイレだけに寄ってすぐ出発してしまうような勢いです。

単純な話、高速道路であれば渋滞がない限りずっと走れば時速の通りの時間で目的地に着くわけなんですが、サービスエリアなどに寄ってしまえばその勢いを一度止めることになるわけです。

停車と発進でいきなり高速を走るような時速になれるわけもなく、そこにさらに停車時間がプラスされるため、あらかじめ予定を立てていても実際は予想外に時間がかかったということは長距離ドライブをする人にとってはあるあるネタでしょう。

街中のドライブも郊外や山側などのドライブに比べて、同じ距離でも時間がかかります。渋滞をまったく考えず、どちらも同じように流れていたとしても、街中には多くの「信号」があるので、停車と発進を多く繰り返さなければならないからです。

山道は信号がありませんし、渋滞もないため距離があったとしても驚くような早い時間で目的地に到達することもあります。停滞せずに突き進めると、車というもののとてつもない速さと利便性を見せつけられます。

この便利さや有意義を感じるのが好きで、私は街中のドライブより山方面のドライブを好んでしまうのです。

私のヴェルファイアにはたいていのものが積んであるので、家族が一緒でも殆ど止まる事はありません。ヴェルファイアを買ったときに参考にしたサイトは、http://www.vucna-sluzba.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です