見知らぬ土地の片道100キロは疲労します

東京の西側に住む私は、いろいろと違う道を選びつつ、埼玉、山梨、神奈川、静岡方面へと休みの日などを利用して遠征してみてるわけなんですが、高速道路というものがどうも苦手で、料金と利用の満足度が合っていない気がして、あまり使わないんです。

そういう考えなので、基本的に下の道を利用することになるんですが、大きな国道、小さな国道、県道といったものにも大分明るくなり、地図がなくても先述の地域であればなんとなく目指す目的地までは走れるようになりました。

そこで浮かんでくるのが、「距離」の問題なんです。

いつも長距離ドライバーさんは凄いなと思うんですが、やはり長距離ドライブは慣れていっても疲れるものです。一度走っている道ならいいんですが、見知らぬ土地、私が未開拓の土地を初めて走る際は多少の緊張もありますし、意識しているわけではないですがいつも以上に注意したり、肩に力が入っているんだと思います。

先日も思ったことなんですが、下の道だけで東京西部あたりから静岡の御殿場や富士宮といった方面に向かった場合、片道の距離は100キロを超えてきます。

最近静岡の開拓を進めているのもあって、まだ静岡は未開拓地域も多く、土地に暗い私は普段のドライブより疲れているのもあるとは思いますが、なかなかの疲労です。

例えば、勝手知ったる神奈川県内を100キロの距離、下の道を走るのであれば疲れるということは未開拓の静岡に比べて格段に少ないはずですし、実際そういう感覚です。

大きな国道は混雑が予想されるからと、山道を選ぶ癖もさらに疲れを呼んでいるかもしれません。

しかし「片道100キロ」という距離を超えて行って帰るという作業は、普段のドライブより遥かに労力が必要になる気がするので、そこに長距離の一つの「壁」というものがある気がします。

道筋を覚えたり山道の構造などを覚えたり、何度も行くことで慣れていくと「片道100キロ」以上も疲れなくなっていくとは思いますが、それがいつになることやら。